ごめん、愛してる。

大好きだった愛犬が、今朝亡くなった。

 

大型犬にしては、

14年と4ヶ月の大往生だった。

 

昨日まで僅かながらおにくを食べ、

お水を飲み、おしっこもうんちもしてたのに

ドアを開けたら玄関の方から顔を上げて

なあにー?って振りむいてたのに。

 

 

早朝6時に「もうあかんかもしれん」っておばあちゃんが起こしに来て。目覚めは最悪。二日酔いが酷くてゴロゴロした後、ようやく頭が起きたので様子を見に行ったら、明らかに昨日と違ってて。

 

 

 

そこからは時間の流れが一瞬だった。

 

隣の家のおばちゃんが来たぐらいからずっとずっと足が震えてて、その30分後に呆気なく。

 

細かくて荒い息を続けていたと思えば、

大きな痙攣。それから息を吐ききって。

おさまったように見えたのもつかの間、

スッと、息が消えてった。

 

 

呼んでも反応しない。

目に力がない。

 

死んじゃった、って認識するのに時間がかかった。正直、まだ受け入れられない。

 

 

 

 

小さい頃観てた「どうぶつ奇想天外!」の影響か、昔から動物が大好きだった。

 

中でも犬は特別。

もちろん小さな頃の夢は「犬を飼うこと」だった。

 

 

ただ、家族は大反対。

「犬の世話なんて出来ない」

「毎日散歩いける?餌やれる?無理やろ」

「死んだ時が可哀想やし飼わない」

 

 

何度も何度もお願いして、その度大反対。

私が拗ねて諦めて、の繰り返しだった。

 

 

小学3年生の3月。

英語を習いに近くの公民館に行った時、

母が小さな貼り紙を見つけた。

 

『里親募集中 0歳の雑種犬です』

 

 

それが、タロウとの出会いだった。

 

 

 

動物病院に見に行った時、

ドアを開けた瞬間飛び出して来たタロウ。

 

顔をベロベロ舐めるのが好きで、

庭をずっと走り回っていたタロウ。

 

何度も脱走してその度周りに大迷惑、

お向かいの家におしっこをするタロウ。

 

おっきい身体で乗り物酔いして、

車に乗ったらいつもげろげろするタロウ。

 

怖がる人には容赦なく噛み付く、

強いものには巻かれるタイプのタロウ。

 

私と散歩に行ったら必ず、

どっちが前を歩くか競争になるタロウ。

 

母と祖母のことが大好きで、

私には当たりが強い甘えたさんなタロウ。

 

私が泣いてる時、
ずっとそばに居て見ててくれたタロウ。

 

 

 

 

後ろ足を引きずるようになってから半年。

寝たきりになってから10日間。

 

よく頑張ってくれたね。

私が実家に帰ってくるまで、

待っててくれてありがとう。

 

14年と4ヶ月、私が独り立ちするまで

ずっと見守ってくれててありがとう。

 

8月12日10時半頃。

誰にも迷惑をかけずに、

迷惑なんて思ったことないけど、

最期まで思いやりのあるタロウ。

 

 

顔は怖いし体はでかいし弱いものいじめするけど、ちょっとどんくさくて思いやりがある本当に本当に優しいタロウ。

 

 

 

当分落ち込ませてね。

独り立ちしたけど、とんでもなく寂しいよ。

ずっとずっと居てくれると思ってたけど、

今度は向こうでしいちゃんと居てあげてね。

 

本当にありがとう。

後は、任せた。

 

金曜日の午後

歩いているだけで顔に汗が噴き出す、

真夏のお昼時。

 

信頼していた同期から、

「退職日決まってたけどもう少しがんばる」

ってカミングアウトされて、動揺した。

 

 

「ずっと夢だった仕事に就けるかもしれないチャンスが舞い込んできて、今の仕事を辞めて上京するつもりだった」

「辞めると決めたからの2週間、仕事が手に就かない代わりにすごく楽しかった」

 

動揺した理由は、今のメンバーで

ずっと続くと思っていたから。

誰かが欠けるのなんて想像出来なかったから。

 

 

 

実はもう一人、

価値観が似ていて話しやすかった同期が、

お盆前に辞めることを決断した。

 

 

 

すごく、寂しい。

 

 

と同時に、この仕事の辛さ、きつさ、しんどさを、感じて居るのは自分だけじゃなかった事を改めて実感した。

 

 

 

何を大事にして働くのか、

私は夢の為にお金を貯めると決めた。

祖母に今までくれた分のお金を、

返し続けると決めた。

 

 

 

 

期限は、三年。

 

 

どれだけいけるか。

どこまでいけるか。

 

 

夏のど真ん中で

基本的に病んでるなニッキ!!!!!

 

今日、一人で街を歩いてたら、

歩道橋の下から歌声が聞こえてきて。

二人組のボーカルをふと見たら、昔の先輩で。

 

年齢に縛られることなく

「やれるところまでやってみようと思って」

言い切ってしまえる所が本当にかっこよくて。

 

正解がなくても、自信が無くても、

夢を追って頑張ってる人を見たら元気が出た。

 

何がしんどいかも分からなくて、

ただ、やるだけで本当に精一杯で、

自分の想いを言葉に出来ない私にとって、

想いを歌にのせる事が出来るのは本当に羨ましくて。

 

もがき続けられるのは今だけなんかな。

 

 

いつか、自分の想いを言葉に出来ますように。

ぬけがら

蝉の鳴き声が遠くで聞こえる夏の日。

一生忘れる事は無いんだろうな。

 

夜が長くて、一日が長くて、

今自分が息をしている事に実感が無くて。

美味しいご飯は味がしないし、

寝ることも食べることも忘れてしまう。

私の世界が一気にモノクロになったみたいで。

 

 

私の目標は何だったのか

譲れないものは何だったのか

一番大事にすべき事は何だったのか

 

全部無くしてしまってからじゃないと

気付かないし、気付けないの。

私が一番大切だったモノは

 

 

一体何?

 

 

この世で一番分からないモノは、私。

どうしたらいいの

どうすればいいの

 

現実を見ないと離れていってしまう

離れていってしまう人に

何を言おうと無駄とは分かっていながら

 

 

お願い、雨よ、止んで。

帰ってきて

 

 

 

心が痛いほど叫んでる

帰ってきて、お願い。

シュウカツニキ4


世紀の大失敗。


世間では就活本格解禁。
私界では6月2日目にして持ち駒全消滅。



………エッ??????




3ヶ月間何やってたの?
って言われても仕方がないですハイ
大本命の試験が続き、ド緊張を重ね大失敗
何でサニブラウンアブデルハキームを文字った登場人物を作文に出したのかな?それで通ると思ったのかな??あの時の私完全にぶん殴りたい全力で彼に謝りたい


筆記試験で落ちまくって、ようやく受かった唯一の企業はGDでモンスターと出会い、爆沈。結構行きたかったのになあ…………



本当に行きたいところばっかり受けてたので、全消滅した今次に何を受けたらいいのか迷走中

夏採用にかける!!!!!!
って意気込んではいるものの、業界すら絞り切れていない私は死んだ方がマシではないか


未だに売り手市場を感じた事は無いし
6月解禁なんか全く持って嘘だし
嘘なら最初から期限設けるなよ馬鹿野郎
企業毎に違います!でいいじゃねえか馬鹿野郎


全世の大人達に問いたい。
どうやって就活戦争を乗り越えたのですか?


実際に皆乗り越えて来ているから凄い
結論、大人は凄い


もうすぐ誕生日だけど決まりそうに無いよ
プレゼント内定下さい(切実)

シュウカツニキ3

「本当の自分」って、
ずっとずっとあるものだと思ってた。

本当の自分があるから、
この人の前では自分が出せない。
本当の自分があるから、
ゼミの中では自分が出せない。
本当の自分があるから、
偽りの自分とのギャップに苦しむ。

本当⇆偽り
っていう関係だと思ってたけど


ある人が言った。
「本当の自分なんてない」んだと。

同級生といる自分も、
恋人といる自分も、
ゼミやサークルでの自分も、
全部引っ括めて「自分」なんだって。

卒業する時、もう友達に会えなくなると思って寂しくなるのは、その人といた時の「自分」を失くすように思うから、悲しくなるんだって。


そう聞いた時、スッと肩の力が抜けた。


ある居場所で、本当の自分が出せない!と思ってずっと居辛さを感じていたからだ。

けど、そうでも無いことを知った。


本当の自分なんてなくて、たまたまその人達とその場所にいる自分が好きでは無いだけで、そういう時は自分を出せないと落ち込むことは無いんだと感じた。


それからというもの、
本当⇆理想

に関係性が変化した。


シュウカツもやな事ばっかりじゃないね。
肩の力、抜いてこー。

シュウカツニキ2

ES地獄の幕開けがすぐそこに。
はじめの第一歩、既に足踏み状態。

志望動機書けない病
「直観です」「なんとなく」「好きだから」だけでは駄目ですよねえ。。。

周りを見渡せば
ベージュのトレンチコート
黒のスーツにヒールに斜めで止めた前髪
手にはリクルートカバン

みんなみんな一緒で吐き気がする
大逃亡したい